無職から脱出するには紹介予定派遣制度を利用

必ず脱出できる!無職からの卒業

紹介予定派遣制度を利用しよう

紹介予定派遣制度

紹介予定派遣制度を利用しよう

みなさんは紹介予定派遣制度というのを聞いたことがあるでしょうか?派遣社員という制度は知っていても、この制度のことは知らないという方は多いかと思います。これは、後に正社員や契約社員として雇用することを前提に派遣社員として働く制度のことを言います。派遣社員として働き、ある程度経つと正社員として雇用されることになります。バイトや正社員などで言うところの試用期間に近い印象だと思います。
この制度のメリットは企業にも社員側にもあります。ある程度の試用期間のような勤務期間があるため、その期間に企業に合っているのかどうかを両者が判断することができるのです。社員側のメリットとして、入社するのがなかなか難しいような企業にも正社員として雇用してもらえるチャンスがあります。現在無職という方でも一流企業に認められるような能力のある人なら雇ってもらえる可能性があるわけですから、ぜひとも利用したい制度ではないでしょうか。
ちなみに最初の一定の期間に企業と社員の両者がお互いを判断する機会があるのがメリットと説明しましたが、企業も社員のことをしっかりチェックしています。あなたはその期間で正社員として雇用するに値する即戦力の人材であることをアピールできないと、正社員として雇用されることはなかなか難しいと言えるでしょう。

派遣先で正社員登用を目指す

派遣社員から正社員になる方法の2つ目として紹介するのは、現在働いている派遣先で頑張って正社員に登用される方法です。これは中小企業ではよくあるケースで、正社員が辞めた後に欠員を補充するために現在働いている派遣社員を正社員として迎え入れるということになります。この方法なら社員を雇うための手間や費用がかからないので中小企業でよく見られるのです。
正社員として登用されるには普段から正社員と同じようなレベルで働いている必要があります。仕事の能力だけでなく、周りの人とのコミュニケーションや社員としての責任感も重要なポイントになるでしょう。このケースの弱点としては、頑張っていたからといって正社員になれるとは限らないというところにあるでしょう。なかなか欠員が出ないこともありますし欠員が出たからといって派遣社員から登用されるとは限らないためです。なるべく早く正社員を目指したいという方ではなく、「正社員になれれば」ぐらいに思っている方に向いている方法です。

派遣元の教育制度を利用しながら直接応募する

派遣社員から正社員になる方法の3つ目は企業に直接応募するという方法です。派遣社員として働くと派遣元に様々な教育制度があり、これを利用することができます。スキルアップのための様々なプログラムが用意されていますので、企業に正社員として雇用してもらえるようにこれらを上手く活用してスキルアップを目指しましょう。

求人サイトで仕事を探そう